チラシの裏の落書き

メンヘラ池沼のゆとりによるチラシの裏の落書き

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力、福島第一原発の3月11日から5日間の線量データを紛失 海江田経産相「あってはならないこと」

東京電力は27日、震災直後に測定した福島第1原発近くの放射線モニタリングデータの一部を紛失していたことを明らかにした。経済産業省原子力安全・保安院にはすでに提出していたため、東電は保安院からデータを取り寄せた。28日にも公開するが、改めて東電の情報管理の甘さが問われそうだ。

東電によると、紛失していたのは3月11日から5日間、第1原発西側でモニタリングカーが採取したデータの一部。測定値を紙に書いていたが、紙に付着した放射性物質を除去するために外部に保管していた際、紛失したという。

すでに公開しているモニタリングデータは10分間隔で放射線量の推移を記録しているが、紛失したデータは主に2分間隔のもので、事故初期の線量の推移が詳細に把握できるという。

記録採取から2カ月半も経過しており、東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「早期に公表すべきだったが、数値の異常がみられるものではない」と釈明。一方、海江田万里経産相は「データをなくすようなことはあってはならない」と苦言を呈した。
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/news/20110528k0000m040097000c.html

紙に書いていたことにちょっと驚いた
本当に東電が腐りきってるのか
政府が補償タテに隠蔽して東電を悪者に仕立てているのか
もうわからない ・・・^^;
まぁどっちもksなのは確かwww
スポンサーサイト
*CommentList

原発事故の影響か?福島県浪江町の「耳なしウサギ」は実在することが判明

 5月21日、耳のない白い子ウサギを撮影した2分あまりの映像が、
動画投稿サイト「YouTube」にアップされた。
投稿者は紹介文で、撮影場所を福島県浪江町としており、
ネット上では真贋論争を含めて大きな反響を呼び、
再生回数は約100万回にまで伸びた。今回、その飼い主が取材に応じ、
耳のないウサギは確かに実在することが判明した。(鎌田剛)

 「耳なしウサギ」の飼い主は、同町に住む杉本祐子さん(56)。
約18年前からウサギを飼い始め、知人から譲り受けたり、
ペットショップで買ったりして少しずつ数を増やし、
現在は大人のウサギだけで21羽を飼育している。ウサギ小屋は、
ハーブや山菜など自然あふれる私有地に設けられていた。
福島第1原発からは30キロ以上離れている。

 ウサギは春が出産シーズン。
小屋の中にある巣穴で出産するため、耳なしウサギがいつ出生したかは、
正確にはわからない。5月7日にうっすら毛が生えている状態の赤ちゃんウサギを確認し、
同月11日には「まだ目が開いていなかった」ということから、
4月末ごろに出生したと杉本さんは見ている。

取材した5月28日には、フワフワの真っ白な毛に包まれ、手のひら大の大きさになっていた。
耳のないウサギは、ほかに3羽のきょうだいがいるが、いずれも耳はあった。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110529/trd11052912010002-n1.htm

http://www.youtube.com/watch?v=UqVY9azhH3U

放射能の影響だと困る奴が騒いでるから荒れるんだろうな
安全厨がとんでも厨になりつつあるなww
平和信者と一緒で自分の妄想する平和を乱す奴の存在そのものを消そうとするんだよな
原発の影響じゃないかもしれないけど必死にたたいてるやつはちょっと気持ちが悪いです・・・
なかったことにしようとしてる人が多数いるのがちょっと・・・

淡水魚、全部ダメ 鮎、ワカサギ、ヤマメ、ウグイなどから基準を超えるセシウム検出

福島のアユ漁解禁延期へ 淡水魚から基準超セシウム続々 2011年5月29日5時9分

 東京電力福島第一原発の事故で、福島県内の淡水魚から基準を超える放射性セシウムの検出が相次ぎ、農林水産省と同県は検出された流域で、近く迫ったアユ漁解禁を延期する検討を始めた。

 セシウムは湖や川に堆積(たいせき)し、淡水魚は海水魚より吸収しやすいとされる。
 アユ釣りは人気レジャーで、観光に大きな打撃となりそうだ。

 福島県では例年なら、6月初旬から各地で順次、アユ漁が解禁される。
 
 農水省と県は5月、淡水魚の検査を開始。
 いわき市の鮫(さめ)川と夏井川のアユや北塩原村の檜原(ひばら)湖のワカサギ、同村の秋元湖と伊達市の阿武隈川のヤマメ、福島市の摺上(すりかみ)川のウグイで基準(1キログラムあたり500ベクレル)を超える同620~990ベクレルのセシウムが検出された。

 水産庁によると、淡水魚は海水魚に比べて体内にナトリウムをため込みやすく、ナトリウムに似た性質を持つセシウムも海水魚より検出されやすいという。
http://www.asahi.com/national/update/0528/TKY201105280577.html


癌張ろう日本!
風評被害とは一体何だったのか?ww
そのうちハルクとかゴジラとか誕生しちゃいそうな勢い


ちなみにハルクは英語版(字幕なし)で無印しかみてませんー
2以降も面白いんだったら探すけど誰か見た人いないかな?

福島第一原発で働く作業員の年間被曝量、「年50ミリ」上限撤廃を決める

福島第1原発:作業員被ばく線量 「年50ミリ」上限撤廃

 厚生労働省が、東京電力福島第1原発事故の復旧作業に携わる作業員に限り、年間50ミリシーベルトとしている被ばく線量の上限を撤廃することを決め、日本労働組合総連合会(連合)に文書で示していたことが分かった。

 定期検査時など通常の被ばく線量と合算し5年間で100ミリシーベルトの上限は維持する。

 現行のままでは、福島で作業後に他の原発の定検作業ができない可能性があるためだが、専門家からは作業員の安全を懸念する声も出ている。

 厚労省は、積算で100ミリシーベルトとしていた緊急時の被ばく線量の上限を、福島の復旧作業に限り250ミリシーベルトに引き上げた。

 一方、通常時の被ばく線量は年間50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルトと変えていなかったが、他の原発の定検時と合算するかどうかは明確にしていなかった。

 4月28日の通達で、合算して5年間で100ミリシーベルトを超えない▽復旧作業に従事しない作業員は年間50ミリシーベルトの上限を維持--としていた。

 関係者によると、文書は今月11日、連合の本部(東京都)であった臨時意見交換会で、安全衛生部の課長名で配布。
 福島の復旧作業に携わる作業員は「年間50ミリシーベルトを超えても指導は行わず、5年間で100ミリシーベルトを超えないよう指導することにした」と明記した。
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110530k0000m040136000c.html


来るところまで来たなぁ・・・
どこまで落ちるのかww

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない7話(ネタバレ注意)

安心のノイタミナ
安定してるし面白いね

2話くらいから言ってたけど
龍勢祭と花火がキーであってそうですね

さすがマリーさん
メンマママこえぇぇぇ
あとは皆を集めた理由
じんたんを呼ばなかった理由
めんまママの誤解を解消して
あと一騒動あっておわりかな?
楽しみいぃぃ

ご案内

プロフィール

シノン

Author:シノン
彩の国の住民
めんどくさがり屋で原作厨で純愛厨
メンヘラで池沼(いけぬま)
※ちしょうではないです。スイーツ(笑)でもないです
自称非ヲタ非リア充しかもKIRINェ
リンクフリー

最新記事

YouTube DL+


developed by 遊ぶブログ

Time is Money

時間給が円とすると

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。